不動産売却査定

住宅などを売る場合の査定についてどんなかんじかといいますと、土地や建物など不動産を売却するにあたっては、その不動産がいくらで売れるかを査定をしてもらうことから始めます。ここで、査定といいますのは、売却するつもりの不動産が金額にしてどのくらいの価値があるのかを評価して金額を出すことです。

 

建物の場合ですと一般的に、ほとんどの場合、新しいときに比べて、価値が低くなってしまうものです。年数の他にも建物の状況により査定される金額はかなり違いがあります。どのように査定をするかというのは、どのような不動産かを説明しておおまかな金額を出すこともできますが、実地でその不動産を見て査定をしてもらったほうが、確実な査定ができると思います。また、査定は業者によっても違いがありますので、一社だけということではなくて、その査定の確認のためにも、最低でも3社くらいの不動産業者に聞いた方が、いいかもしれませんね。

 

実際に何社かに聞いてみると同じ物件でも各社評価額がいっしょでないことがわかることになります。なるべく多くの不動産屋から金額を出してもらって一番高い金額で買取りをしてくれる業者や売却手続きなど総合的に判断して選んで依頼する会社を決定するのがよいでしょう。査定については過大な期待はしないように実際に査定をしてもらってみたたところ期待していたよりだいぶ安かったり中古住宅などの査定については購入時の価格からすると悲しいほど安くなってしまっていてやりきれない思いになるかもしれません。