不動産の買取

不動産を業者に買取りしてもらう際の、注意事項などを簡単に書いてみます。土地や家など不動産の売却をするには不動産会社は売買の仲介をするということで売地や売家の広告を出してもらうそういった流れをイメージするかも知れませんが、仲介ではなく不動産売買業者に売ってしまう手もあります。

 

このケースでは不動産の査定額は、不動産会社ごとに、わりと違いがあるのが通例ですから、売却をしたい不動産の買取価格がいくらになるのかをきちんと確認しておく必要があると思います。不動産買い取りをしてもらう際のポイントとしてはその不動産業者の買取価格が予想より低かったら他の業者にも同じ不動産を査定してもらうのがよいですし、あらかじめ数軒の不動産会社に不動産の買取価格の査定を依頼するという方法が賢いやり方でしょう。

 

不動産会社もケースバイケースで不動産広告を出して、なかなか購入者が居ない場合には不動産会社で買取をすることを考えるところもあります。この場合、注意すべきなのは、不動産売買の仲介の形で手数料を得るより買い取った場合の方が利益が大きいために、ほんとうは買い手はわりと見つかるような物件でも、買い手はなかなか現れなかったことにして、不動産会社で買取りするように持ち込んでなるべく安く売却させるようにして高く売却して利幅を取ろうとするような不動産業者というのもあると聞きますので、一社だけに聞いて不動産を売却するのは危険です。